皆さまのシェアを読ませて頂きハート硬さ、痛みが取れました

わたしが今回一番私に必要だと思ったのが、思いやりです。


父母は竹刀や木刀が折れるほど8歳位まで私や弟を殴りましたし、他にも特に母からも父から可愛がられると虐待レベルの小さな私を階段から突き落としたり、線路に連れて行かれ殺されかけたりしました、他にも様々でしたが、父がいないとほぼ住み込み不倫相手を連れ込みます、本当かわかりませんが父は女性の所に行っています、


ストレスでまた母は小さい私をなぐる蹴る、なのになんで出ていくんだろう、私や弟はそれほど価値がないのか。

しかし、今回本当に感じたのは、部下と不倫し、日曜も私達と一緒に過ごす家にはいたくなかったのでしょう。


胸のチャクラでその技工士に対する驚くほどの恨みが爆発、痛みを感じました。

普段は私にも優しい兄みたいでしたが、小さい時、性的ないたずらをされていました。

拒否するとお風呂場で首をしめ声が出ないようにしたり。

7チャクラではこの技工士が見えたと思ったら父でした、

わたしは父にも技工士に感じた憎しみを見ていたようでした。

近しい男性全てに。父はシャイなのはわかっていましたが、今回、家庭的なのもわかりました。

父は私と実は仲良くしたかったのです、大きくなるにつれ、口を聞いてくれないし、ご飯も別になりました。

なりたくない歯科医に家の為になり、ストレスもあり、発達障害もあったと思います。そんな不器用な父で表現が苦手、そして父の小さな時一時、数年別居していた彼の母、祖母と私が似ていて、祖母にあまり認められてなく、だからか、私に辛くあたったりしました。女の人も常にいました。


特に離婚してから、父に会うとお腹が痛くなったり。

子供は小さいのに私を目の前で激しく怒鳴ったり。

事故死する数年前はあまり、会わなくなりました。

父に謝るとサハスラーラでは、花束を持った父がいました。

他に体験はありますが長くなるので省きます。


父はお陰様で天国にいます。母が亡くなれば遠いけど、ご飯を作りに行くねとは生前言ってましたが、ただ、私にもっと思いやりがあればもっと父を理解して仲良くできたのにと悔やまれますがそれもプログラムだったと思います。

父が事故死して、残してくれたものでコースに出られます、父は私に感謝してくれていますが、生きている時は弟がガンでもバガバンにお願いすると痛くないし、半年が5年生きましたが、ワンネスを認めてくれませんでした。

弟も天国にいます、過去世のプログラムもあり、不器用な私達はこうなりましたがより、手放し悟らせてもらいたいと思います。

もう、私達家族みたいな人達が出ないような世界になりますように、と思いました。


<その後のシェア>


皆さまのシェアを読ませて頂きハート硬さ、痛みが取れました、硬さの理由は一つは昔からの物と私は学校の知的障害者クラスの支援を7年していますが、生徒を激しく罵倒したり、酷く扱う女性の教師がいて、私はその生徒の一人から、「学校に行きたくない、先生怖い」と言われていてわたしも見かねていて、今日は校長、教頭に色々な事実を伝えなければと思い、緊張していました、告げ口みたいになってはいけないし、彼女は上の立場には良い顔をしているから、果たして私の言う事を信用してくれるるかしら。私はこの学校は長いし、「何でも言って下さい、お願いします」とは言われていますが。言うのは正直、嫌だけど言わなければと思っていましたが、シェアを読みマントラを唱えると、事実を伝えるだけ、告げ口ではない。大丈夫、となりました。皆様ありがとうございました🙏私も自信が無いから昨日のアーラヤダルシャン、助かりました。

閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

今回の3日間コースに参加させていただき本当にありがとうございます。 参加出来た事がすでに私にとって大きな恩寵を頂いていると感謝しています。 前回10月は申し込みしましたが参加費が用意出来ずにキャンセルでした。 コース中はチャクラやプロセスにて自分の罪悪感や鈍感さ、無関心、恐れなど、普段は意識していなかったたくさんの気付きをいただきました。 幼い頃の体験から今の自分に繋がっている事も再確認出来て、こ

💐今回の3日間コース、とてもとても素晴らしかったです‼️ 皆様のシェアから、私も涙があふれてきて、とまりませんでした。 😂今でも、ちょっとしたことに、心が震えて。感動しています。 😂シェアが遅くなり、申し訳ありませんでした。 まず前回の3日間コースは、今年4月でした。 その時は、頭がぼーっとしていました。 思考もマインドもやってこない。 そのような状態が数日続いて、また、マインドのおしゃべり

前回の9月の3dayで大きな気付きがあり、深く落ち込みましたが、とても楽にもなりました。 12月の3dayとその後の変化や体験を書かなければと思いますが、これといった体験が思い浮かびません。 ですが、アンマバガヴァンへの信頼感が、揺るぎないものになったと感じます。 これを体験と言っていいか分かりませんが、孤立する事、している事に強い恐れがあり、その状況を何とかするべきだと思っている事に気付きました