人に不快感を与えている


親愛なるシュリ アンマバガヴァン、テジャサジ、寺田さん、スタッフの皆さん、そして、3日間コース開催に関連してご協力をいただきましたすべての方々に感謝申し上げます。

まず、3日間コースに参加できたことが奇跡でした。参加できる体調であり、自宅からの移動はスムーズであり、時間的、費用的なこともすべて整いましたことに感謝申し上げます。

わたしにとって、2日目のバガヴァンのダルシャンはもとより、コースの全てが素晴らしい体験でした。こうして想うだけでエネルギーに満たされて喜びに涙します。

脳の手術から1日余りは、頭に軽い違和感が生じていました。不快さは伴いませんでした。

コース終盤は、つながりのなかにありました。そして、早くも、次回の3日間コースに参加するのを楽しみにしながら帰途に着きました。

ハピネスメディテーションをすることにより静けさを体験しています。1人でも取り組めるので、とても重宝しております

コース以降、内側を見ること、委ねること、ディバインとのつながりを持つことなどを日常に取り入れるようになりました。最近では、無自覚に自分を擁護するあまり緊張を醸し出し、人に不快感を与えていることを見ました。そのことについて自責の感情は生じても、早々にディバインに明け渡し委ねられているように思います。

コース終了後、10日目に聖なるお部屋にてお祈りしました。願いというより、アンマバガヴァンのエネルギーに触れていることそのものが嬉しくて感謝が生じて涙があふれました。

昨日はゴールデンエイジコンシャスネスメディテーター3人によるメディテーションを受けて、ディバインとのつながることの偉大さや喜びに感謝しました。マインドの働きについて憂う余地はなく、「あなたはそこにいてください。」というお言葉に素直になれました。

シュリアンマバガヴァンのゴールデンエイジコンシャスネスムーブメントが生活のベースにあることは幸いです。感謝申し上げます。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ

day3ab@aol.com

ご不明な点がございましたら、上記アドレスにメールにてご連絡ください。
今後、大切なお知らせをお送りさせていただきますので、迷惑メールにならないように設定をお願いします。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • Facebook
  • Twitter

© 3日間コースGA