この無意識の行為に気づいたら、母に対してすごく無礼な振る舞い(返事しない、こちらから一方的に用件伝えるのみ)もかなりやっていることに気づき、ハッとしました。

この3日間はいつもとちがう空間にどっぷりと浸かっていたのだなと感じています。翌日からエグイ残業三昧の日々です。いつもお利口な愛猫は、仕事のデータを消す操作をするし、私が担当する作業が大量に集中しました。

でも、全てを淡々とこなしています。

サダナなんてやる時間取れるのだろうか?と不安だったけど、この2日間はちゃんとこなせています。毎日ピークステートに入れてます。ホントにピークステートに入れるの?入ったことがわかるの?と不安でしたが、その不安は杞憂でした。


3日間コースの前、職場の在宅勤務環境ルールが厳しくなりました。これまで不要だったモニターを自腹購入したり、いろんな人に色んな助けを求めました。

結果的に、今回の3日間コースはモニターを使って大画面でどっぷりと参加できました。バガヴァンを必要な事を与えてくださるのだなと、ハッキリ分かりました。


また、母と同じコースに同じタイミングで参加することは過去にもあったのですが、これまでは虚勢や比較やエゴがものすごーくありました。必ず画面で母を探し、何を質問しているか、どんな表情で参加しているか、事後に電話してシェアして…。

今回はまったく母を意識しませんでした。それにより、これまでは無意識に、「母の存在をすごく意識していた」と、気づきました。

母は単なる参加者の一人としてただ参加しているのであって、「私の母親が参加してる」という感覚はありませんでした。

この無意識の行為に気づいたら、母に対してすごく無礼な振る舞い(返事しない、こちらから一方的に用件伝えるのみ)もかなりやっていることに気づき、ハッとしました。私ってこんなにも無神経さも持っていたのねと。


今回の3日間コースで気づきがたくさんあり、私の感じる世界も変わりました。ありがとうございます。

閲覧数:3回

最新記事

すべて表示

素晴らしい三日間コースから、二週間が過ぎました。 ピークステートの転送や シェア会などがが盛んに行われています。 アンマバガヴァンのたくさんの恩寵や愛、慈悲の中で毎日が流れていることに感謝、感謝です🙏 昨日、長女が孫を連れて我が家に来ました。 一歳半の孫は、 てんかんと知的障害を持っている28歳の次女が大好きです。 いつも彼女を見ると、お友達のように ニコニコしながら、近づいて来ます。 その日は

テジャサジ.みなさま、今回三日間本当にお世話になりました、シェア慎重に観察しておりました。 コース3日前に、母が緊急で、検査、すぐに気道拡張手術と入院2ヶ月、痛む声が、出なくなるとなんとか回避できないか?医師に粘りましたら残酷に10回に分けて気道を焼き広げる手術なら入院無し、しかし症状出たら即、水を飲まさないと危険できますか?と、、わたしは、夜しばらく寝ずに、今回三日間コースで、三日間のうちに、手

今生で、アンマバガヴァンの教えを聞く事が出来る 「今ここ」に感謝いたします。 コース3日目に寺田さんの誘導で、ふり返りをした時、今は亡き夫、両親、先祖が私の側にいる感覚がありました。 その後、バガヴァンがダルシャンでおっしゃった事を伺い、その答えを頂いたと思いました。 バガヴァンは 「他のローカで立ち往生している先祖にやってあげられる事、ピークステイトに入ればご先祖もあなたと一緒にいます」とおっし